【桜木町の整体】有名なスポーツ障害とオーバーユースの原因

桜木町の整体でご相談を!スポーツ障害とは?オーバーユースが起こる原因も解説

桜木町で整体をお探しの方で、スポーツによる不調を改善したいという方もいらっしゃるでしょう。

「野球肘」や「テニス肘」で有名なスポーツ障害ですが、原因は何なのでしょうか。

こちらでは、オーバーユース症候群を含むスポーツ障害の種類と原因について詳しく解説しますので、参考になさってください。

野球肘などが有名?スポーツ障害とは?

左手で右肩を押さえながら回す

スポーツ障害とは、運動を繰り返すことによって関節に過度な負担がかかり、慢性的な痛みを伴うものです。

軽度の場合は運動時に痛みが出るのみですが、重度になると日常生活の中でも痛みが出るようになります。

スポーツ障害の多くは、不適切なトレーニング方法や同じ動作のハードトレーニングの繰り返しなどで起こります。

長期間同じスポーツをすることで起こる障害なので、「使いすぎ症候群」とも呼ばれているのです。大人だけでなく子どもの成長期にも起こりやすいですが、特に多い症状を以下にご紹介します。

野球肘(内側上顆炎)

10~18歳に多く、ボールを投げる動作の繰り返しによって肘の痛みが出現します。

投球フォームが定まっていない状態で投球を繰り返すと、肘の内側の骨や筋肉に炎症が起こり痛みを伴います。

野球肩

野球肘と同様、投球フォームが定まっていない状態での投球で起こりやすい症状です。

ウォーミングアップを行わなかったり、ハードトレーニングを続けたりするのが原因で肩周辺に痛みが生じます。

テニス肘

テニスでバックハンドを繰り返し行うことで、肘の外側に痛みが生じる障害です。

バックハンドだけでなく、サーブを繰り返すことで肘の内側に痛みが生じることもあります。

オスグッド・シュラッター病

0~15歳の成長期に、走り込みやジャンプ動作が多いスポーツをしている場合に起こりやすい症状です。

膝の前方に痛みが出現し、膝を曲げたりダッシュしたりすることで痛みが強くなります。

シンスプリント

シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」といい、膝下の内側の骨に沿って痛みが出る症状です。

動いたときだけでなく、押したり歩いたりするだけで痛みを伴うことがあります。

オスグッド・シュラッター病と同様に、ダッシュやジャンプが多いスポーツをしていると起こりやすいです。

オーバーユースが起こる原因とは?

人差し指とクエスチョンマーク

オーバーユース症候群とは、筋肉や関節の使いすぎによる炎症の総称です。

野球肘やテニス肘などのスポーツ障害もオーバーユース症候群に含まれます。

オーバーユースが起こる原因は主に以下のとおりです。

ハードトレーニング

トレーニングの負荷をかけすぎる場合や、同じ動作を過度に繰り返すと、肘の関節や足の一部といった箇所に集中して負担がかかるため、オーバーユースになりやすくなります。

不適切なトレーニング方法

誤ったフォームでの動作を続けると、余計な部分に負担がかかりすぎてしまうことも原因の一つです。

休養・栄養不足

休養が足りないと、十分に身体の回復ができないためオーバーユースになりやすくなります。休養中にバランスの良い食事をとることも大切です。

他の問題がなかったとしても、栄養不足だと損傷部位が十分に修復できず、損傷が積み重なってオーバーユースの原因となります。

身体の歪み

猫背など、姿勢が悪いのは身体の歪みが原因の一つです。

身体が歪むとバランスよく身体を使うことが難しくなり、筋肉や腱、靭帯などの組織が炎症を起こしやすくなってしまいます。

筋肉の過度な緊張

筋肉が過度に緊張すると、柔軟性が低下して硬くなります。

これにより血行が悪くなったり、特定の部位に負担がかかったりしてしまうことがあります。

生活習慣の乱れ

睡眠不足などで生活習慣が乱れていると、疲労が溜まりやすくなり、身体も回復しにくくなってしまいます。

オーバーユース症候群は姿勢や筋肉の動かし方などで改善が期待できます。

桜木町エリアで整体をお探しならFluxus Locusへ!

「野球肘」や「テニス肘」などのスポーツ障害は、過度に運動を繰り返すことで関節に負担がかかり、骨や筋肉に痛みが生じる障害のことです。

オーバーユース症候群は、筋肉や関節の使いすぎによる炎症の総称で、スポーツ障害もこの中に含まれます。

ハードすぎるトレーニングや不適切なトレーニング方法、休養・栄養不足などが原因となるので、注意が必要です。

スポーツ障害をはじめとするオーバーユース症候群にお困りの方は、Fluxus Locusにご相談ください。リハビリテーション的運動学の視点から、動作改善のアプローチを行います。

Fluxus Locusがご紹介する整体に関するお役立ち情報

スポーツ障害とオーバーユースでお悩みなら桜木町のFluxus Locusへ

会社名 Fluxus Locus
営業時間 9:30 – 20:00
定休日 水曜日
住所 〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町6丁目86 Opa Rivage 705
TEL セラピスト:行之内真人
070-8351-6230
アクセス 東急東横線・みなとみらい線からの道のり
JR線・横浜市営地下鉄からの道のり
URL https://fluxus-locus.link/