交通事故後の関節可動域を改善する方法

みなさん、こんにちは。

桜木町の駅近くのオステオパシー整体院、Fluxus Locusです。

 

本日は、交通事故をしてから、

一年近く経ってからいらっしゃったお客様が来ました。

肘の関節可動域に問題が残っていて、

伸びきらない・曲がり切らない状態でした。

 

なんでも手術をしてから、

リハビリをせずに過ごしていたそうです。

 

それは関節可動域に問題が出ますよね。

 

元々理学療法士を長年していたので、

リハビリの重要性はよく分かりますが、

医師もなぜオーダーしなかったのか。

 

そのお客様も、

不安だから自分なりに色々と身体に良いとされている

運動などをやっていたようです。

 

 

しかし、交通事故などの大きな衝撃が入ったときは、

身体のダメージをちゃんと調べることができ、

それを細胞レベルで施術できる人のところに行く必要があります。

 

リハビリの世界でも学んでいる人はあまりいませんが、

その施術をすることで相当に動きが良くなります。

 

今日の方も、

肘を曲げて肩に手が届かなかったけれど、

一時間で届くようになって驚いておりました。

 

早めに専門家に見てもらえていれば、

その苦労はなかったはずなんですが。

 

交通事故でお困りの方は、

横浜市中区、桜木町・関内・馬車道駅近くの整体院、

Fluxus Locusの痛くない整体を体験して下さい!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA