歩行時に足の裏が痛くなる症状

こんばんは!

横浜市中区、

桜木町 馬車道 関内駅近くの理学療法士が行う整体院、Fluxus Locusの行之内です。

 

本日は、

歩行し過ぎると足の裏が痛くなるという方がいらっしゃいました。

 

よく調べてみると、

脛の外側にある足の裏を外側にひねるための筋肉、

腓骨筋という部位に収縮が入りづらく、

聞いてみると、

元々膝周辺は外側が冷えると痛みが出やすいとのこと。

 

太ももの外側や脛の外側に張りが出やすいこともあり、

脛の周辺をよく調べてみると、

腓骨と脛骨の間の固さが強い場所がありました。

 

この部分、固くなると、

血管と神経の通り道にもなっているので、

血行不良や筋力低下につながりやすい部位です。

 

この部分の固さをリリースすると、

即座に歩行中の足の裏の痛みは消失しました。

 

オステオパシーで原因をきちんと見る根本改善。

本日も、面白い結果が出ました。

 

お悩みがある方は、

オステオパシーによる施術がおススメです。

足の痺れに関する記事です👇

https://fluxus-locus.com/osteopathy/20211203154638/

 

それでは、引き続きよろしくお願いいたします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA